バックアップ手順


バックアップの手順を解説します。
バックアップを取得する方法はbconsoleやbatなどツールを使ってバックアップ取得します。

まず初めにbconsoleでのバックアップ手順を解説します。

bconsole起動

コマンドでbconsoleを起動します。

# bconsole
Connecting to Director localhost:9101
1000 OK: 1 bacula-dir Version: 7.0.5 (28 July 2014)
Enter a period to cancel a command.
*

上記の様に表示されてコマンドプロンプトが「*」になったらbconsoleの起動は成功です。

バックアップ取得

bconsoleが起動できたら、早速バックアップを取得してみましょう。
runコマンドを実行します。

* run
Automatically selected Catalog: MyCatalog
Using Catalog "MyCatalog"
A job name must be specified.
The defined Job resources are:
     1: JOB-Bacula7
     2: BackupClient1
     3: BackupCatalog
     4: RestoreFiles
Select Job resource (1-4): 3

「run」コマンドを実行して、実行するバックアップJOBを選択します。
上記の例では「3」を選択して「Enterキー」を押下します。

JOBの登録の仕方はバックアップサーバ設定を参照ください。
https://www.bacula.jp/server-setting

次にバックアップ即時実行の確認が表示されます。

Run Backup job
JobName:  BackupCatalog
Level:    Full
Client:   bacula-fd
FileSet:  Catalog
Pool:     File (From Job resource)
Storage:  File1 (From Job resource)
When:     2016-03-16 14:52:39
Priority: 11
OK to run? (yes/mod/no): yes
Job queued. JobId=2
You have messages.
*

内容を確認して「yes」を入力後に「Enterキー」を押下します。
JobIdが「2」として実行されました。

バックアップ確認

バックアップ実行後に正常に実行されたことを確認してみましょう。
確認は「status」コマンドを使用します。

* status
Status available for:
     1: Director
     2: Storage
     3: Client
     4: Scheduled
     5: All
Select daemon type for status (1-5): 1

「1」を選択します。

bacula-dir Version: 7.0.5 (28 July 2014) x86_64-redhat-linux-gnu redhat Enterprise release
Daemon started 16- 3・016 14:11. Jobs: run=1, running=0 mode=0,0
 Heap: heap=270,336 smbytes=293,139 max_bytes=380,022 bufs=266 max_bufs=305

Scheduled Jobs:
Level          Type     Pri  Scheduled          Job Name           Volume
===================================================================================
Incremental    Backup    10  16- 3・016 23:05  JOB-Bacula7        Vol-0001
Incremental    Backup    10  16- 3・016 23:05  BackupClient1      Vol-0001
Full           Backup    11  16- 3・016 23:10  BackupCatalog      Vol-0001
====

Running Jobs:
Console connected at 16- 3・016 14:58
No Jobs running.
====

Terminated Jobs:
 JobId  Level    Files      Bytes   Status   Finished        Name
====================================================================
     1  Full          1    26.52 K  OK       15- 3・016 17:28 BackupCatalog
     2  Full          1    30.42 K  OK       16- 3・016 14:55 BackupCatalog

====
*

実行したJobIdが「OK」となっていますでしょうか。
先ほどの例ですと、実行したJOBのIdは「2」でした。
「OK」となっていますので、正常にバックアップ取得は実行されました。

以上が非常に基本的ではありますが、バックアップの取得手順になります。