Baculaサーバ設定


Baculaの設定について解説します。
まずBaculaサーバ側の設定ですが、最低限設定が必要なファイルは以下になります。

Baculaサーバ
/etc/bacula/bacula-dir.conf
/etc/bacula/bacula-fd.conf
/etc/bacula/bacula-sd.conf
/etc/bacula/bconsole.conf

バックアップ対象サーバ
/etc/bacula/bacula-fd.conf

ではBaculaサーバ側から設定していきましょう。

/etc/bacula/bacula-dir.conf

bacula-dir.confから設定していきます。
Baculaの設定はリソースごとに設定を行います。リソースとは { で始まり } で終わる一連の固まりを指します。
bacula-dir.confは非常に行数が多いので、初期設定で変更が必要なリソースのみを抜粋して解説します。
コメントなどを全て含んだ抜粋なしのサンプルbacula-dir.confはこちらを参照ください。

・Directorリソース
Directorの基本設定を行います。

Director {                         # define myself
  Name = bacula-dir
  DIRport = 9101              # where we listen for UA connections
  QueryFile = "/usr/libexec/bacula/query.sql"
  WorkingDirectory = "/var/spool/bacula"
  PidDirectory = "/var/run"
  Maximum Concurrent Jobs = 1
  Password = “bacula7"    # Console password
  Messages = Daemon
}

Passwordの部分だけ変更します。上記の例では「bacula7」としています。Directorと通信するために使うパスワードです。任意のもので構いません。

・Jobリソース
Jobは設定の指示書です。バックアップ指示をまとめたものをJOBとして登録し実行します。

Job {
  Name = "JOB-Bacula7"
  Type = Backup
  Level = Full
  Client = bacula-fd
  FileSet = "Full Set"
  Schedule = "WeeklyCycle"
  Storage = File1
  Messages = Standard
  Pool = File
  Priority = 10
  Write Bootstrap = "/var/spool/bacula/%c.bsr"
}

上記の例では、JOB-Bacula7という名前のJOBを登録しています。
バックアップの対象が「bacula-fd」というマシンにしています。

・FileSetリソース
FileSetではどのディレクトリのバックアップを取得するか設定します。

FileSet {
  Name = "Full Set"
  Include {
    Options {
      signature = MD5
    }
    File = /
  }

  Exclude {
    File = /var/spool/bacula
    File = /proc
    File = /sys
    File = /tmp
}

上記の例ではバックアップ対象を「/」としています。
その中でも「/var/spool/bacula」「/proc」「/sys」「/tmp」は対象外とする設定をしています。

・Clientリソース
Clientではバックアップ対象となるクライアントもしくはサーバ情報を設定します。
設定したマシンにはBaculaのクライアントがインストールされている必要があります。

# Client (File Services) to backup
Client {
  Name = bacula-fd
  Address = 192.168.0.80
  FDPort = 9102
  Catalog = MyCatalog
  Password = “bacula7"           # password for FileDaemon
  File Retention = 30 days         # 30 days
  Job Retention = 6 months      # six months
  AutoPrune = yes                    # Prune expired Jobs/Files
}

上記の例では「192.168.0.80」にあるサーバにbacula-fdという名前を付けています。
名前はバックアップ対象のホスト名と同じである必要はありません。

・Storageリソース
Storageではバックアップデータの保存先を設定します。

Storage {
  Name = File
# Do not use "localhost" here
  Address = 192.168.0.70        # N.B. Use a fully qualified name here
  SDPort = 9103
  Password = “bacula7"
  Device = FileStorage
  Media Type = File  Maximum Concurrent Jobs = 10 # run up to 10 jobs a the same time
}

上記の例では192.168.0.70にあるサーバに保存しています。

・Catalogリソース
Catalogはデータベースの情報を設定します。

Catalog {
  Name = MyCatalog
  dbname = "bacula"; dbuser = "bacula"; dbpassword = “dbpass"
}

dbpasswordの部分にデータベースへ接続するパスワードを記載します。
上記の例ではdbpassというパスワードを設定しています。

・Consoleリソース
ConsoleではBaculaを操作するConsoleの設定をします。

Console {
  Name = bacula-mon
  Password = “bacula7"
  CommandACL = status, .status
}

Passwordの部分だけ設定します。Passwordは任意のもので構いません。

/etc/bacula/bacula-fd.conf

次にbacula-fd.confを設定します。
コメントなどを全て含んだ抜粋なしのサンプルbacula-fd.confはこちらを参照ください。

Director {
  Name = bacula-dir
  Password = " bacula7"
}
Director {
  Name = bacula-mon
  Password =  bacula7"
  Monitor = yes
}
FileDaemon {                          # this is me
  Name = bacula-fd
  FDport = 9102                      # where we listen for the director
  WorkingDirectory = /var/spool/bacula
  Pid Directory = /var/run
  Maximum Concurrent Jobs = 20
}
Messages {
  Name = Standard
  director = bacula-dir = all, !skipped, !restored
}

基本的にデフォルトのままで、問題ありませんがPassword部分を変更します。
パスワードはBaculaサーバのDirectorと通信するためのパスワードです。
bacula-dir.confで設定したパスワードになります。
baculaサーバとバックアップ対象側の両方で設定してください。

/etc/bacula/bacula-sd.conf

次にbacula-sd.confを設定します。
コメントなどを全て含んだ抜粋なしのサンプルbacula-sd.confはこちらを参照ください。

Director {
  Name = bacula-dir
  Password = “bacula7"
}

Director {
  Name = bacula-mon
  Password = "bacula7"
  Monitor = yes
}

 

/etc/bacula/bconsole.conf

次にbconsole.confを設定します。
コメントなどを全て含んだ抜粋なしのサンプルbconsole.confはこちらを参照ください。

Baculaの操作を行います。

Director {
  Name = bacula-dir
  DIRport = 9101
 address = localhost
  Password = “bacula7"
}

パスワードはDirectorと通信するためのパスワードになります。

設定が終わったら早速Baculaを起動してみましょう。
続きは以下になります。
https://www.bacula.jp/start-stop