コミュニティサポート


Baculaのコミュニティ版では明確に「どのバージョンはサポート」して、「どのバージョンより古いものはサポートしない」と定義していません。基本的に多くの人にBaculaを使って欲しいのでベストエフォートでメーリングリストなどで対応すると表明しています。またバグを発見した場合は報告して欲しいと

Baculaメーリングリスト(英語)
https://lists.sourceforge.net/lists/listinfo/bacula-users

Baculaバグ報告(英語)
http://bugs.bacula.org/login_page.php
※アカウントの登録が必要

バグ報告時の注意事項(日本語)
http://www.chiark.greenend.org.uk/%7Esgtatham/bugs-jp.html

以下は本家のbacula.orgに記載しているコミュニティ版のサポートに関する文章を翻訳したものです。
http://blog.bacula.org/support/

コミュニティサポート

ここでは誰も報酬を受け取っていないということを念頭に置いておいてください。
ただ私たちはできるだけ多くの人にBaculaを使ってほしいだけです。たくさんの有識者が質の高いEメールサポートをボランティアで行っています。質問をする前には以下の必要な情報を読んでください。それから、同様の問題が過去になかったかEメールアーカイブを調べたり、パッチを調べたりすることもきっと役に立つはずです。

また、Baculaを本番環境で使っているなら、問題やパッチの通知を受けられるようにバグデータベースにサブスクライブすることをお勧めします。プロフェッショナルサポートも役に立つでしょう。

バグデータベースにはサポート依頼をしないでください。バグについての詳細はこのサイトのバグページを参照してください。

コミュニティサポートでは<bacula-users at lists.sourceforge.net>にメールを送ってください。内容が具体的なちゃんとしたものなら、親切なBaculaユーザーが答えてくれると思います。少なくともBaculaのバージョンや使用プラットフォームくらいは書かれていないと役に立つ返答は得られないと思います。上記のメールアドレスはスパム対策のために改変されています。「at」を@で置き換えてください。メーリングリストに届くスパムが増えているので、投稿するためには先にメーリングリストに登録してからでないとできません。Eメールリストには各Bacula Eメールリストにどこで登録できるかのリンクが書かれています。Baculaユーザーは継続的にこのリストを監視して、そしてサポートをしています。サポート依頼に必要な以下の必要な情報を見てください。もし必要な情報がなれば、Baculaユーザーは、そのサポート依頼が面倒だったり説明できない類のものと思ってしまい、なかなか返答を得ることはできません。

※メイン開発者のkern Sibald宛にメールを送ってもサポートはしてくれませんが、すべてのEメールに目は通しています。場合によっては多少のTIPSは返事を返します。Kern Sibaldにメールをする場合には必ずメーリングリストにもメールを送ってください。そうしない場合には、Kernからの返事はメーリングリストのコピーだけです。何か確実なことがある場合にはその旨明記してください。

一般的な質問はbacula-develのメーリングリストには送らないでください。bacula-develのメーリングリストへは、バグの疑いがある問題についてや、マイナーレベルの機能拡張について送信することができます。問い合わせの際には以下に記載の必要な情報を記載していない場合、特にバージョンが記載していないと、とても困ります。多くの場合それらはバージョン固有のものであったり既に修正済みだったりするためです。こういった場合には、特に忙しい時には問題は記録しますが、返信はしない事が多いです。どのバージョンを使っているかや、他の情報を確認して、それから対処しますので手間が2倍になってしまうからです。情報を求められた場合には、過去に何を書いていたかアーカイブを探す手間を省くため、それ以前の内容もすべて含めて返信をしてください。要点をまとめると、返事がほしいなら以下の「必要な情報」を見てください、ということです。

すぐにサポートが必要な場合にはFreenode netのIRCチャネルの#baculaを探してください。

必要な情報

通常バグ報告に応じるためには、最低でも以下の情報が必要です。バグ報告システムの項目に入力してください。
・OS
・Baculaのバージョン
・問題の明確かつ簡潔な内容
・「故障」や「動かない」といった場合はBaculaからのそれを示す出力を同封してください。
・調査のために追加情報を求められて、それに返信する場合には、そのメールだけで全情報が確認できるように、以前のやりとりすべても返信メールに含まれるようにしてください。

テープで問題があった場合には以下の情報を含めてください。
・デープドライブの種類
btapeコマンドでテストしましたか?

データベースで問題があった場合には以下の情報を含めてください。
・使用データベース:MySQL, PostgreSQL, SQLite, SQLite3
・データベースのバージョン

最初の2つの情報については.configureをした後にメインのBaculaディレクトリに作成されるconfig.outを送付すれば十分です。Baculaの設定情報(特にbacula-dir.conf)が必要になることがあります。設定の問題だと思う場合には、これらを送付ください。また、バグ報告の仕方にも目を通しておいてください。