Baculaクライアント設定


Baculaのバックアップ対象となるクライアント側設定について解説します。

最低限設定が必要なファイルは以下のみになります。
/etc/bacula/bacula-fd.conf

では、設定をしていきましょう。

/etc/bacula/bacula-fd.conf

Director {
  Name = bacula-dir
  Password = "bacula7"
}
Director {
  Name = bacula-mon
  Password = "bacula7"
  Monitor = yes
}
FileDaemon {                          # this is me
  Name = bacula-fd
  FDport = 9102                      # where we listen for the director
  WorkingDirectory = /var/spool/bacula
  Pid Directory = /var/run
  Maximum Concurrent Jobs = 20
}
Messages {
  Name = Standard
  director = bacula-dir = all, !skipped, !restored
}

基本的にデフォルトのままで、問題ありませんがPassword部分を変更します。
パスワードはBaculaサーバのDirectorと通信するためのパスワードです。
bacula-dir.confで設定したパスワードになります。

設定が終わったらbacula-fdを起動します。
さらに自動起動も設定します。手順は以下を参照ください。
https://www.bacula.jp/start-stop