Storageリソース


Storageリソースのパラメータについて解説します。
Storageリソースはbacula-dir.confで設定します。
Baculaサーバのインストール直後のデフォルト設定値を元に解説します。

デフォルトの設定ではStorageリソースが2つ設定され、1つはコメントアウトされています。
実際に使われているのはFile1という名前のStorageリソースになります。

Storage {
  Name = File1
# Do not use "localhost" here
  Address = <IPアドレス>               # N.B. Use a fully qualified name here
  SDPort = 9103
  Password = "<任意のパスワード>"
  Device = FileChgr1
  Media Type = File1
  Maximum Concurrent Jobs = 10        # run up to 10 jobs a the same time
}

# Definition of a second file Virtual Autochanger device
#   Possibly pointing to a different disk drive
Storage {
  Name = File2
# Do not use "localhost" here
  Address = localhost                # N.B. Use a fully qualified name here
  SDPort = 9103
  Password = "@@SD_PASSWORD@@"
  Device = FileChgr2
  Media Type = File2
  Maximum Concurrent Jobs = 10        # run up to 10 jobs a the same time
}

# Definition of LTO-4 tape Autochanger device
#Storage {
#  Name = LTO-4
#  Do not use "localhost" here
#  Address = localhost               # N.B. Use a fully qualified name here
#  SDPort = 9103
#  Password = "@@SD_PASSWORD@@"         # password for Storage daemon
#  Device = LTO-4                     # must be same as Device in Storage daemon
#  Media Type = LTO-4                 # must be same as MediaType in Storage daemon
#  Maximum Concurrent Jobs = 10
#}

 

パラメータ 設置値 解説
Name 任意の名称 Storage名称を指定します。
Address IPアドレス StorageデーモンがインストールされているIPアドレスを指定します。
SDPort 9103 Storageデーモンの使用するポート番号を指定します。特別な理由が無い限りデフォルト設定で問題ありません。
Password 任意の値 Storageデーモンと通信を行うためのパスワードを設定します。Storageデーモン側(bacula-sd.conf)とパスワードを一致させる必要があります。
Device 任意の名称 バックアップデータを保存するデバイスを指定します。デバイスの詳細はbacula-sd.confに定義します。
Media Type 任意の名称 メディアタイプを指定します。
Maximum Concurrent Jobs 任意の数値 同時に平行実施可能なJOB数を指定します。