Scheduleリソース


Scheduleリソースのパラメータについて解説します。
Scheduleリソースはbacula-dir.confで設定します。
Baculaサーバのインストール直後のデフォルト設定値を元に解説します。

デフォルト設定ではふたつのスケジュールが設定されています。

WeeklyCycle
第1日曜23:05分にフルバックアップを実行
第2~第5日曜23:05に差分バックアップを実行
毎週月曜から土曜23:05に増分バックアップを実行

WeeklyCycleAfterBackup
日曜から土曜まで23:05にフルバックアップを実行
この設定はBaculaサーバのデータベースバックアップ用に設定されています。

Schedule {
  Name = "WeeklyCycle"
  Run = Full 1st sun at 23:05
  Run = Differential 2nd-5th sun at 23:05
  Run = Incremental mon-sat at 23:05
}

# This schedule does the catalog. It starts after the WeeklyCycle
Schedule {
  Name = "WeeklyCycleAfterBackup"
  Run = Full sun-sat at 23:10
}
パラメータ 設置値 解説
Name 任意の名称 Schedule名称を指定します。
Run 条件式を指定 JOBを実行するレベルと実行日時を指定します。

Scheduleリソースはパラメータとして2つしかありません。
Nameで名前を指定して、Runに実行するJOBのレベルと実行日時を記載します。

JOB実行レベル
Full  フルバックアップ
Differential 差分バックアップ
Incremental 増分バックアップ

JOB実行日時
デフォルトの設定にもありましたが週間設定、曜日指定、時間設定の他に日をピンポイントで設定することも可能です。

例 毎月1日2:05分にフルバックアップ実施
2日~31日2:05分に増分バックアップを実施

Schedule {
  Name = "First"
  Run = Level=Full on 1 at 2:05
  Run = Level=Incremental on 2-31 at 2:05
}

例 毎時5分,15分,25分,35分,45分,55分にフルバックアップを実施

Schedule {
  Name = "TenMinutes"
  Run = Level=Full hourly at 0:05
  Run = Level=Full hourly at 0:15
  Run = Level=Full hourly at 0:25
  Run = Level=Full hourly at 0:35
  Run = Level=Full hourly at 0:45
  Run = Level=Full hourly at 0:55
}

その他にも細かい条件でJOBの実行が可能です。詳細は本家bacula.orgのScheduleリソースをご参照ください。
http://www.bacula.org/7.4.x-manuals/en/main/Configuring_Director.html#SECTION001750000000000000000