FileSetリソース


FileSetリソースのパラメータについて解説します。
FileSetリソースはbacula-dir.confで設定します。
Baculaサーバのインストール直後のデフォルト設定値を元に解説します。

#でコメントになっている部分は不要ですので、削除しても影響はありません。

FileSet {
  Name = "Full Set"
  Include {
    Options {
      signature = MD5
    }
#
#  Put your list of files here, preceded by 'File =', one per line
#    or include an external list with:
#
#    File = <file-name
#
#  Note: / backs up everything on the root partition.
#    if you have other partitions such as /usr or /home
#    you will probably want to add them too.
#
#  By default this is defined to point to the Bacula binary
#    directory to give a reasonable FileSet to backup to
#    disk storage during initial testing.
#
    File = /
  }

#
# If you backup the root directory, the following two excluded
#   files can be useful
#
  Exclude {
    File = /var/spool/bacula
    File = /proc
    File = /sys
    File = /tmp
  }
}
パラメータ 設定値 解説
Name 任意の名称 FileSet名称を指定します。
Include File = <パス指定>
(例)File = /
バックアップ対象とするパスを指定します。
複数指定可能です。
Exclude File = <パス指定>
(例)File = /tmp
バックアップ対象外とするパスを指定します。
複数指定可能です。

オプション設定
オプションの設定は
option {

}
で設定をします。デフォルト設定ですと

    Options {
      signature = MD5
    }

部分が該当します。

パラメータ 設定値 解説
signature MD5
SHA1
ハッシュ関数を指定します。
compression GZIP
GZIP1~9
LZO
圧縮の形式を指定します。
GZIPは圧縮レベルを指定できます。
GZIP9が一番圧縮率が高く(速度は遅い)GZIP1の圧縮率が一番低く(速度は早い)なります。
ただのGZIPと指定するとGZIP6と同様になります。

圧縮に関しては以下も合わせて参照ください。
https://www.bacula.jp/archives/1043