Bacula9.0.7 リリースノート


これは重要なリリースです。Windowsコードが再統合され、このバージョンで動作するように更新されたためです。 Baculumの更新や新しいWindowsの更新以外は、他のコードに大きな変更はありません。

Windows用のバージョン9.0.7ファイルデーモンを既存の9.0.x Bacula DirectorおよびStorage daemonと一緒に使用する場合は、うまく動作するはずですが、テストされていません。

64ビットバージョンのWindowsバイナリがインストールされ、非常に迅速にテストされました。この製品を導入する際は慎重にテストしてください。おそらく.confファイルに関連するマイナーなインストールエラーがあるようです。また、Windowsのバイナリにはトレイモニタや古いExchangeプラグインが含まれていません。どちらも現在ビルドに失敗しています。

2018/4/18
– NSISdebugを削除する
– baculum:Heitor Fariaによって報告された開始時の設定タブのバグを修正
– Branch-5.2からwin32ディレクトリを復元して更新する
– Qt5のPhil Stracchinoの修正を追加する
– baculum:スケジュールのブール値の保存を修正しました。
– rpm:Fedora26-64プラットフォームを追加する
– baculum:ジョブ設定ウィンドウから戻るためのリンクを追加する
– PostgreSQL 10.xに正しいSQLテーブルエンコーディングを使用する
– baculum:リストボックスコントロールを追加し、ベースディレクティブとデバイスディレクティブに使用する
– baculum:ジョブ実行設定ウィンドウでジョブフィールドを確認することを修正
– baculum:ボリュームリストウィンドウのバックボリュームプール名を元に戻す
– baculum:無効なbconsoleに関するエラーメッセージを修正しました。
– baculum:API endpoint refactor
– baculum:状態、数、ブール値、およびIDvalidatorを追加する
– baculum:bconsoleサポートが有効でない場合、bconsoleはエラーを返します。
– baculum:未使用のAPIエンドポイントを削除する
– baculum:oauth2クライアントをWebパーツで修正しました。
– baculum:auth設定のラジオボタンの整列を修正しました
– baculum:インタフェースの高さを100%に拡大
– baculum:cURLエラーに情報を追加する
– baculum:新しい再構築された復元ウィザード
– baculum:ウィザードでの改善の表示
– baculum:APIで復元ハードリンクのサポートを追加する
– baculum:strip_prefix、add_prefix、add_suffix、regex_whereのリストアを追加するAPIの復元オプション
– BEEのRestoreObjectプラグイン構成コードのポートがありません。
– baculum:隠しフィールドの使用を止めてアイテム識別子を格納する
– baculum:ロードユーザーのポートレットを修正
– baculum:必要な設定フィールドasterisk markを追加する。