Bacula9.0.6 リリースノート


これはバグ修正と拡張リリースです。 2つの主な機能拡張は、バットとトレイモニターでのQt5、OpenSSL-1.1のサポートです。しかし、現在のQt5の機能強化はまだ完了していないので、引き続きバットとトレイモニターの構築にQt4を使用してください。素晴らしいバグ修正もいくつかありました。拡張機能とバグ修正のためのパッチを提供したユーザーに感謝します。彼らにとても感謝いたします。

 

2017/11/19
最近のコミットのためにAUTHORSを更新する
間違って置かれたopenssl-compat.hを削除する
間違ったディレクトリに入ったopenssl-compat.hを追加する
baculum:単一リソースの削除を追加する
baculum:モジュールを追加してリソースの依存関係をチェックする
baculum:スケジュール内にスペースを含む名前を保存する修正
baculum:apiリクエストによる設定全体の保存を修正しました
バウンス#2349を修正しようとした以前の試みにおけるバックアウトのサイズテスト
前のパッチでコンパイラ警告を修正
バグ#2325と#2326のパッチを適用してFIFOバグを修正する
バグ#2315のINTEGERがupdate_sqlite3_tables.inのスペルに間違っているのを修正
バグ#2349複数のリサイクルメッセージを修正しようとする
ini_store_alist_str()でカンマ付きアイテムのサポートを追加する
誤った設定の再ロード後にsegfaultを修正する
誤った構成で再ロードコマンドを実行した後にデッドロックを起こさないように一時的な修正を追加する
baculum:サービスがわからない場合は404エラーを投げます
setipとCLIENT :: address()へのアクセスとの競合状態を修正しました。
クライアントアドレスが正しく再ロードされないことを修正#3284
baculum:エラーが表示されたらホームページのURLを使用する
最大リロードに達したときのバグ#2346 Dirブロックの修正
baculum:jsonとしてapiサーバに設定を送信する
Macインストールを中断するエンタープライズコードを削除する – バグ#2351を修正
FreeBSD、Solaris、およびWindowsのFSサイズ計算を修正
baculum:makefileでポルトガル語のサポートを有効にする
baculum:スケジュールリソース設定で必要なディレクティブを修正する
baculum:メッセージリソースの保存を修正しました
baculum:低速のリロードコンフィグリソースリストの改善
crypto:1.1のOpenSSL initcallbacksのほとんどを削除する
ACL / XATTRコードを更新し、プラグイン用の新しいACL / XATTR APIを定義する。
baculum:Heitor Fariaによって数値のパスワード設定のバグが修正されました。
crypto:OpenSSL 1.1のEVP_PKEYアクセスと残りのビットを変換する
crypto:EVP_MD_CTX + EVP_CIPHER_CTXをOpenSSL 1.1に変換する
crypto:DEFINE_STACK_OF()を使用する
crypto:小さなOpenSSL compatレベルを追加する
crypto:古いopensslのサポートを削除する
ユーザーの選択に従う、 “あなたはX JobIdを削除してもよろしいですか?#3269を修正
トレイモニターにリストアウィザードを追加します。
準備の修正:いくつかの警告を削除する
ASSERTD()を追加してNULLボリューム名のエラーを追跡する
自動パアを無効にするには、 “noautoparent” restoreコマンドオプションを追加します

前回のリリースから修正されたバグ:
2315
2325
2346
2349
2351