Bacula9.0.5 リリースノート


Baculaバージョン9.0.5をリリースしたことをお知らせします。

これは重要なバグ修正リリースです。特に、Baculaは非常に多くのエラーメッセージを出力するのを修正します。加えてBacula Enterpriseのバックポートコードはrpmスクリプトのアップデートを含んでいます。マイナーBaculumの問題の数も修正されました。
 

2017/11/1
ポストグルにMACテーブルを削除する場合に使用します。バグ#2314を修正
Minutesのbdirjson表示を修正しました。バグ#2318を修正
baculum:言語が設定されていない場合、デフォルト言語を設定する
baculum:APIでの言語設定の修正
baculum:APIの生成された.moファイルを更新する
baculum:翻訳に不足しているテキストを追加する
baculum:apiのデフォルトページの翻訳用の静止したテキストに修正を加える
baculum:セッションが開始されていない問題を修正しました
ジョブログを他のログと同じにする – バグ#2328を修正
キラーブルを真に設定するためのより慎重なアプローチをとる
readdirバッファに余分な安全性を追加する
 

2017/10/30
Retad systemd / Makefile.in
@ piddir @のマウントは必要ありません。
Sven Hartgeが提供するDebianシステムの開始/停止スクリプトを使用する
 

2017/10/29
バグ#2316プールにCacheRetentionを追加する修正
FIFOを使用するときにFreeBSDでテープioctlsをスキップするバグ#2324
既に切り捨てられたボリュームを切り捨てないようにバグ#2338を修正しました。
いくつかの古いCのintコードを削除し、boolを使う
 

2017/10/28
未使用のlib / lz4.c.origファイルを削除する
AUTHORSファイルを更新する
アクセス権または読み取り専用パーティションがない場合にのみ、ボリュームに読み取り専用のマークを付けます
PIDファイル作成を抑止する-Pデーモンオプションを追加する
FD plugin_ctxをテストするには大きすぎるコピーを修正する
 

2017/10/26
バックポートエンタープライズコード
 

2017/10/23
読み取り専用のボリュームが見つかったときにカタログにマークする – バグ#2337を修正する
パーティションが致命的であることを確認する
バグ2323を修正しました – ループの終了条件が逆でエラーメッセージを追加しました
回帰のために欠けているcopy-plugin-confsを追加する
jesper@schmitz.computerによって報告されたバグを修正し、FreeBSDでバットがハングする
 

2017/10/8
baculum:スケジュールリソースの読み書きを修正しました。
 

2017/9/15
baculum:保存ディレクターの設定中に未定義のオフセットエラーを修正しました
baculum:スケジュールの設定で週のリストを修正する
 

2017/9/14
baculum:ディクショナリ値を実行するスケジューリングを修正しました
 

2017/9/12
rpm:欠落したスクリプトbaculabackupreportとquery.sqlをSuse用に追加する
rpm:不足しているlibbacsd *ファイルとtapealertスクリプトをSuse rpm specファイルに追加する
rpm:見つからないlibb bbconsjson、bdirjson、bsdjsonをSuse rpm specに追加する

file
rpm:Suse用に整列されたプラグインのrpm specファイルを追加する
rpm:bacula-tray-monitor.desktop launcherをscriptsディレクトリに追加します。
rpm:Suse Linux ES 12.1プラットフォームを追加する
 

2017/9/11
rpm:スクリプトdirにbacula-tray-monitor.desktopファイルを追加する
 

前回のリリースから修正されたバグ:

2314
2316
2318
2324
2328
2337
2338