Bacula9.0.1 リリースノート


Baculaバージョン9.0.1をリリースしたことをお知らせします。

このバージョンは、主にtray monitor用に修正ファイルを追加するマイナーなバグ修正リリースです。 また、32ビットのエンディアンアーキテクチャー用のlzo4編集も修正されています。

Baculaを使用していただきありがとうございます。

===============リリースノート==============

Bacula 9.0.1のリリースノート

これは主に新しい修正されたトレイモニターファイルを加える小さなバグ修正りリースです。 トレイモニタが構築運用されるようになり、少なくともUbuntu Linux上で動作します。

7月17日

– bsock.h内の2つの不正確な末尾のカンマを削除する
– lz4.cのバグ#2293のビッグエンディアンの不良を修正
– エンタープライズからバックポートで修正された新しいトレイモニタファイルを追加する
– bvfs:削除されたディレクトリをPathVisibilityテーブルに挿入しない
– GCC 6.3でDebian Stretchのコンパイルを修正

前回のリリースから修正されたバグ:

2293