Bacula クライアント(クライアントエージェント)を一括で256台のサーバーにインストールする

投稿者: | 2015年1月5日

新年明けましておめでとうございます!
2015年…ひつじ年…
オープンソース・バックアップソフトBaculaを使えば夜も羊をゆっくり数えながら安眠出来ますね。

エージェント型の監視ソフト・バックアップソフトと言うと悩みどころはバックアップ対象及び監視対象になるサーバーへのデプロイ
特にバックアップ対象・監視対象が多いと地味な工数が重たくなってしまいますよね。

 
そこで本日は!
サーバ256台にBaculaクライアントを簡単にインストールできるAnsible』のご紹介です!

 
すみません。少し盛りました。

 
100台のサーバーにBaculaクライアントを簡単にインストールする手順書になります。
これを使えばZabbixのクライアントも簡単に大量のサーバーに仕込む事も可能との事

 
サワダ ケン (@smile_0126) さん、ありがとうございます!

 
社内にあるサーバー全てにBacula Clientを簡単に仕込めれば、単調な作業からも解放されますし、これでゆっくり眠れますね。

 
おやすみなさい!

 
マテキョウシゴトハジメデショ!

 
と、言う事で本年度もよろしくお願いいたします。


ps.そろそろ勉強会やりたいと思います。ご興味のある方はメールもしくはコメントいただけたら光栄です。


あ、タイトルは嘘で、正確にはAnsibleを使ってサーバ100台にBaculaクライアントを簡単にインストールできる手順書になります。
256発ネタって滑りが良すぎるんですが…ジェネレーションギャップでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です