バックアップ時のデータ圧縮設定例

投稿者: | 2016年7月8日

バックアップ取得時にデータ圧縮することが可能です。
FileSetリソースのオプションでcompressionオプションを使用することにより圧縮が可能です。

圧縮形式は「GZIP」と「LZO」の2種類が存在します。
GZIPはGZIP1~GZIP9まで9段階の圧縮率が指定できますが、通常はデフォルトのGZIP設定で問題ありません。
ちなみにデフォルトのGZIPはGZIP6と同じ圧縮率です。

FileSetの設定例は以下になります。

# List of files to be backed up
FileSet {
  Name = "Full Set"
  Include {
    Options {
      signature = MD5
      compression = GZIP
    }
#
#  Put your list of files here, preceded by 'File =', one per line
#    or include an external list with:
#
#    File = <file-name
#
#  Note: / backs up everything on the root partition.
#    if you have other partitions such as /usr or /home
#    you will probably want to add them too.
#
#  By default this is defined to point to the Bacula binary
#    directory to give a reasonable FileSet to backup to
#    disk storage during initial testing.
#
    File = /
  }

#
# If you backup the root directory, the following two excluded
#   files can be useful
#
  Exclude {
    File = /opt/bacula/working
    File = /tmp
    File = /proc
    File = /tmp
    File = /sys
    File = /.journal
    File = /.fsck
  }
}

LZOで圧縮する場合はGZIPの部分をLZOに変更します。
※LZOの圧縮形式はBacula7.2.0以降で使用できます。